ジスロマックは性病だけに効果のあるお薬ではなく幅広い領域で効果を示します。細菌感染に対して効果があり3日間の服用で1週間効果が持続すると言われています。当局ではジスロマックの作用などについてご紹介していきます。

ジスロマックと20代の性感染症患者と接し方

性感染症は、多くの先進国で問題となっています。
日本も性感染症患者が多い国です。
性感染症の中で最も多いのが、性器クラミジア感染症です。
日本の感染症法では、性器ヘルペスや淋菌感染症などと共に、報告が義務付けられている病気です。
性器クラミジア感染症は、10代、20代の若い女性に多い感染症で、性行為によって感染することが多いです。
女性の場合、クラミジアに感染しても、自覚症状がない人も多いです。
そして、自覚症状がないまま、感染を広げてしまうのです。
性感染症患者に対する接し方は、注意が必要です。
男性の場合は、尿道炎を起こすことが多いです。
性器クラミジア感染症の治療には、抗菌薬が使われます。
人気がある治療薬のひとつが、ジスロマックです。
ジスロマックは、マクロライド系の抗生物質で、マイコプラズマの治療にも利用されます。
体内に吸収されやすいので、効率的に治療を行うことができます。
ジスロマックは、ペニシリン系の薬に比べて、アレルギーを起こすことが少ないため、多くの人に利用されています。
アレルギーを起こすケースは少ないものの、アレルギー体質の人は、念のために医師に相談した方が安心です。
ジスロマックは、一部の胃腸薬と一緒に服用すると、薬の吸収が悪くなることがあります。
症状によって服用の方法が異なるので、医師から指示された用法を守って服用します。
ジスロマックを服用して、水ぶくれや発熱などの症状が出た場合は、すぐに病院へ行って医師の診察を受けることが大事です。
稀なケースとはいえ、意識障害やめまいを起こす人もいるので、車の運転には注意が必要です。
改善したと感じても、医師の許可がない場合は勝手に服用を中止しないことが大切です。