ジスロマックは性病だけに効果のあるお薬ではなく幅広い領域で効果を示します。細菌感染に対して効果があり3日間の服用で1週間効果が持続すると言われています。当局ではジスロマックの作用などについてご紹介していきます。

2016年09月の記事一覧

リンパ節炎など感染症発見したらジスロマックが効果的

ジスロマックとはアジスロマイシン水和物を主成分としたマクロライド系の抗菌物質の薬剤です。アジスロマイシン水和物は主に細菌などによる感染所へのアプローチが高く、様々な病気の治療薬として広く用いられています。ジスロマックの作用は皮膚感染症やリンパ節炎・扁桃腺炎や尿道炎などの様々な細菌による感染症に対して非常によく効くというのが最大の特徴です。またクラミジアなどの性感染症や歯科医療の治療に対しても有効性が高いことで知られる薬剤です。またこの薬剤の特徴としては一般的な抗生物質が効かない非定型菌類マイコプラズマやクラミジアなどに効果を発揮する点にあります。ジスロマックは作用は細菌の感染によって起こる発疹や腫れ・発熱や化膿などの症状を和らげるなどの効果があります。具体的には体内に服用することで細菌類の働きを阻害して繁殖を食い止める抗菌作用があります。また体内の活性酸素の働きを抑制する抗炎症作用もあるとされています。ジスロマックは治療する病気の症状や患者の体重に応じて、飲み薬やシロップなど薬剤の形状や用量・用法を使い分けるの一般的です。またこの抗生物質の最大の特徴は体内に留まり作用する時間が非常に長いという点にあります。1日1回継続して3日間の服用で効果が1週間持続すると言われています。ジスロマックの気になる副作用には胃痛や吐き気などの胃腸障害や下痢などの症状があるとされています。いずれも症状は軽度であることが多いようで、重度の副作用の心配はさほど無いと言えます。また従来のペニシリン系の抗生物質と比較してアレルギーなどを引き起こす可能性も少ないと言います。さらに他の薬剤と比べても飲み合わせの相性の悪い薬が少ない方に分類されます。ジスロマックは体内で長時間作用する効き目の強力な薬剤ですが、感染症が発見された際には医師の指導の元に決められた期間を守りしっかりと服用を続けることが大切です。

続きを読む